武蔵高等学校同窓会とは

武蔵高等学校同窓会とは

武蔵高等学校の卒業生を会員とする任意団体で、会員の会費、寄付などを運営資金とする。発足は旧制時代の1931(昭和6)年。
同窓会の主たる目的は、母校の多角的な支援、会員相互の親睦、会員のための情報提供で、そのための活動として各種行事の運営、会報(年1回)の発行、会員名簿(3年ごと)の発行、ホームページ、SNSによる発信を行なっている。
会の運営は総会で承認された会長以下、役員会と目的別に実務を担う委員会によってなされる。
また各卒業期の幹事、メール幹事、校友会OB会代表者とも意見交換が積極的に行われている。
※写真は1936年、青山の根津嘉一郎邸で開催された第1回同窓会総会。

武蔵高等学校同窓会長あいさつ

武蔵高等学校同窓会ホームページ(HP)をご訪問いただきありがとうございます。
同窓会活動の目的は、卒業以後途切れることの無い同期の横の繋がりと世代を超えた同窓生相互の縦の絆を創出して交流を深めるとともに、母校武蔵の教育を激励、支援する活動を行うことと考えます。
前者の目的のためには同窓会活動プログラムへより一層多くの関心を集め、特に若い世代の同窓生の参加を促進することがなによりも重要です。後者については、校長および学校側と密接に連携して同窓会として可能な活動を考えながら、経済的支援のみならず人的支援も行っていかねばなりません。

これまでも同窓会HPは、同窓会の活動、学校の近況、同窓生の活躍などの重要な情報発信の場でしたが、2021年度に同窓会委員会再編によって新たに発足した広報委員会が中心となり、同窓会活動のより一層の活性化に寄与できるようなHPを構築することにいたしました。同窓会事務局からのお知らせや役員会および各委員会からの活動内容を随時発信するとともに、今後皆様からのご意見を取り入れて、同窓会の活動目的によりふさわしいホームぺージにしていきたいと考えております。

会員の皆様には武蔵高等学校同窓会新HPへ積極的にアクセスしていただき、掲載される同窓会や同窓生からの発信を存分に活用されることを心より願っております。

同窓会会長 落 雅美

委員会組織

名誉会長 池田 康夫
名誉副会長 杉山 剛士
会長 落 雅美
副会長 福岡 喜正
監査役 臼井 陽
監査役 三澤 正男
顧問 小林 重晴
顧問 畑口 紘
顧問 桝田 淳二
顧問 山科 滋雄
顧問 永井 真
幹事長 小池 秀幸
副幹事長 石川 栄
副幹事長 桑水流 正邦
副幹事長 吉原 俊通
総務委員長 磯野 彰彦
法務委員長 内野 令四郎
会員情報管理委員長 緒方 淳
広報委員長 原田 幸二
医療保健委員長 東 光邦
イベント・企画委員長 細井 邦生
母校支援委員長 吉原 俊通

各種連絡先

武蔵高等学校同窓会事務局 jimukyoku@musashi-ob.gr.jp
情報募集について

大学等への進学、就職や転職、住所変更の際は、同窓会事務局までご一報ください。
同窓生の活動、出版、物故などについても、情報をご提供いただける方は、同窓会事務局までご一報ください。